2009年05月25日

オビ=ワン・フィギュア制作中

STARWARS_オビ=ワン_1/4スケール_フィギュア


時々「Twitter」のほうで制作過程をつぶやいておりますオビワン人形、5月頭から制作を開始してやっと見れる形になってきました。これもコス衣装と同じく制作過程をたびたび写真におさめているのでいつか紹介できるはず...(しかしコス衣装もいまだに紹介できていなくて...すみません....)

この人形のもとはダイアモンド社のアクションフィギュア、Ultimate Quarter Scaleシリーズのベン・ケノービです。今月発売されたばかりのもの。お値段は購入場所によりますが1万5千円程度。Quarter Scaleとは文字どおり1/4スケール、全長50cmほどのビッグサイズ。このサイズにしては低価格です。改造に大失敗しても精神的ダメージが少ない...かもしれない価格。

頭部は、まずただの球体を作り、そこに目鼻や髪の毛などのディティールをつけていく..言ってみれば彫刻の逆みたいなやり方で作っています。粘土細工に近いです。フィギュアの世界ではスクラッチビルドとかフルスクラッチなどと言います(本来の「フル」スクラッチはすべてをゼロから作ることを言うようなので、胴体は既成品を流用している今回の場合はちょっと違うかも....)
衣装は私(身長154cm)の1/3サイズで作っています。もちろんコスプレ衣装のあまり布。

2週間後に完成の予定です。
posted by 芝浦 at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | STAR WARS フィギュア

2009年06月14日

1/4スケール・オビ=ワン カスタムアクションフィギュア

1/4スケール(16inch_quarter_scale_obi-wan)/アクションフィギュア/オビ=ワン・ケノービ(頭部フルスクラッチ、衣装自作)

まだ追加で製作する部分があるのですが(ベルトについている小物、ブーツの色と高さ調整など)、とりあえずここでひと段落。
5/25の記事でも紹介したとおり、顔と衣装を手作りしています。首から下の素体はダイアモンドセレクトトイズ製のアクションフィギュア、Ultimate Quarter Scale オビ=ワン(ベン)・ケノービ/エピソード4verを流用しています。


1/4スケール(16inch_quarter_scale_obi-wan)/ダイアモンドセレクトトイズ_ベン・ケノービを改造。オビ=ワン・ケノービ。頭部&衣装自作

顔はエポキシパテで作成。普通エポキシは既に出来ているフィギュアの補修や改造などに使われるもので、ゼロからすべてをエポキシのみで作る人はあまりいないかもしれません。エポキシパテという商品自体、補修改造メインで使われることを想定しているためひと箱に入っている量が少なく、結果的に4箱ほど使ってしまいました。


1/4スケール・STAR WARSフィギュア(16inch_quarter_scale_obi-wan)オビ=ワン・ケノービ_12インチサイズとの比較

こちらは12インチフィギュアと一緒に撮影したもの。「12インチ(1/6スケール)」は、衣装が布で作られている洋画もののアクションフィギュアでは最もポピュラーなサイズです。
左端の12インチは(今までもたびたび当ブログに写真を載せていますが)頭部は既製品の改造、衣装は布部分のみが手作り(ベルトとブーツはハスブロ社製のスターウォーズフィギュアから流用)のカスタムメイド品、右端の12インチは今回モデルとしておおいに活躍してくれたサイドショウ社製の製品です。こうして並べると16インチ(1/4スケール)は大きい。重さもかなりあります。

衣装はブーツ以外を新規で制作しました。白いチュニックとローブは、私のコスプレ衣装と同じ生地を使っています。12インチフィギュアの衣装の場合、身長が25センチほどしかないため、布そのものの厚さや端処理のために折り返す部分の影響が大きくでてしまい、生地選びの時点で失敗することもありますが、16インチサイズなら「自分が着るために買った布」でもなんとかなりそうな気がしたので.....。もともと「余ってる布」なので失敗してもあまりがっくりしませんしね(笑)

制作過程はまたのちほど!
posted by 芝浦 at 23:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | STAR WARS フィギュア