2008年07月25日

スターウォーズ・セレブレーション・ジャパン!行ってきました!

扇子&オビワンコスプレ

19日からの3日間、フル参加いたしました!
360度どこを見回してみてもSWだらけの夢の空間。とっても楽しかったです!

手作り扇子もちゃんと出来のいいももが仕上がり、無事に飾っていただくことができました。実はこのブースは当初予定していた「ジェダイオーダー」ではなく、「レベル・リージョン」という別の団体さんのブースなのですが、両団体は重複しているメンバーが多くほぼ合同の状態でブースを出しておられたので、スペースの関係でこちらで出させていただくことに。「海外の方に見ていただきたい!」という私の思惑はちゃんと叶ったようで、多くの外国人の方々が目にとめてくれたそうです。嬉しい!

絵を印刷した紙を貼りあわせる時に少しでも誤差が出ると扇子の形にならなくなってしまうため、失敗作もでてしまいましたが、あおげない/たためないほどではなかったのでそれも持参し、自分が暑い時にパタパタするため持ち歩いていました。本来は踊り用の扇ですが、この大きさ(半径30cm)だけあっていい風を作れます(笑)。
会場は屋内だったとはいえ、数千人のスターウォーズファンの熱気のフォースはすごい!持っていってよかったです。


写真のオビワンのコスプレイヤーが私です。
(これだけ着込んでいるので、扇子が必需なわけです…)
このブログは当初「手作りお人形ブログ」ということではじめたので、コスプレ活動を載せる予定はまったくなかったのですが、今や「スターウォーズ関係の手作りものいろいろブログ」なので、私の手作り作品のなかでもいちばん大掛かりなものである「コスプレ衣装」もここで紹介です〜。
オビワンが好きなあまり、自分がオビワンに扮してしまうところまで行ってしまいました。イラストにお人形に自分が着る衣装…。自分の力で可能なファン活動は全部やっちゃってる状態です。スターウォーズ大好き!

また次回から、今回のセレブレーションで撮影した写真&日記を公開していきたく思います!
posted by 芝浦 at 01:18 | Comment(4) | TrackBack(0) | STAR WARS CJ (JAPAN)

2008年07月26日

スターウォーズ・セレブレーション・ジャパン1日目(1)

前日、同行する友人の仕事が終わるのを待って上京!私は3泊分の荷物のほかにも衣装と展示品があるので、海外旅行用カバンが隙間なくいっぱいに。ジェダイ衣装一式は、シンプルに見えて実はかなりかさばります。とくにウール製ローブの体積はすごいです。カバンの半分はローブ!!

ホテルに到着したら日付が変わってました。到着後まず一番最初にやることは、カバンに詰めてきた衣装を広げてハンガーにかけておくことです。皺になった衣装では台無し。コスプレ友達の中には衣装を整えるためのアイロンを持ち歩く人すらいるほど。とくにローブのドレープはいつも奇麗でないといけません。部屋中に衣装を吊るしたら、明日のために即就寝!


セレブレーションジャパン看板前

19日!いよいよセレブレーション・ジャパン1日目です!
前日夜中に到着し満足な睡眠のとれていない私たちは、混雑がさけられれば、と開場時間を少しすぎてから会場に向かいました(あとで知りましたが、やはり前日から徹夜で並ぶ人もいたそうですね..さすが!)。それでも行列はとても長くのびていて、人出は私が想像していたよりもかなり多かったです。
タイトルを知ってる人、見たことのある人は大勢いるでしょうが、やはり日本人にとっては「外国映画」であるスターウォーズ、このようなイベントに足を運ぶファンはさほど多くはないだろうと思っていたのでびっくりです。

コスプレをしていると、いろんな人が話しかけてきてくれます。全員がSWファンらしき家族連れ(うらやましい!)、SWとは一見まるで縁がないように見えるおしゃれでかわいい女の子、遠く海外からこの極東の島国までやってきたコアなSWファンの外人さん。私を本物のオビワンだと思ってはしゃいでくれる子供達。

会場で「何を見ようかな?」と立ち止まるとすぐに声をかけられ、見知らぬどなたかの記念写真に一緒におさまります。そしてすぐまた別の方に呼びとめられ記念撮影。これが、こちらが動かないでいる限りずっと続いてしまうのです。自分が突然スターになったみたい!
さらにその様子を通りかかりぎわにサクっと便乗撮影していく人たちも大勢いました。いったいどれだけの方のカメラにおさまったのかな?


伯爵とオビワンと誰か

★友人扮するドゥークー伯爵と「対決シーン」を撮っていたら突如「やられ役」の第三者が登場! こんなことが頻繁にあるので楽しいです!


家族連れと
★ちびっこコスプレイヤーたちと。オビワンとヨーダかな? チューバッカな彼らのお父さんともパチリ!楽しそうでした!!嬉しい〜


私が出会った子供達はみんなSWが大好きな様子でした。「親がSW好きだから、仕方なく連れてこられてる」のではないのです。
TシャツがSWだったり、本格的なコスプレ衣装を着ていたり、SW絵柄の小さなリュックをしょってたり(こんなの売ってたんだ!とびっくり…)。
「握手してください〜〜」とかけよってくる、5歳ほどの兄弟もいました。私がファンになったのも7歳くらいの時だったけど、こんな小さな子がSWを知っているなんて、素敵だ!

私が子供の頃、家族で動物園に行った時の写真が30年近く経った今も残っているように、この日の記念写真はそのご家族のお家でずっと残っていくことと思います。
私はほんとうは一般参加のただのコスプレイヤーだけど、思い出の一部として役に立っていてくれていたら、とても嬉しいです。

★1日目その2へ続きます〜
posted by 芝浦 at 03:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | STAR WARS CJ (JAPAN)

2008年07月27日

スターウォーズ・セレブレーション・ジャパン1日目(2)

1日目(1)から続いております。
クローンウォーズの映像を見よう!と思ったもののすでに長蛇の列。なので企業ブースの展示へ。ここは各ブースが他より密集していて混雑していたので体が元気な1日目のうちに!といろいろ見てきました。存在は知ってたけど実物ははじめて目にするもの(ベイダーの五月人形とかR2のプロジェクタとか)がたくさん!
写真撮ってくるの忘れちゃったんですが、五月人形の後ろに飾られた屏風のデザインが日本画表現でデススターやタイファイターを描いており、じつに素敵でした。私の扇子もこんなふうにもっと和よりにすればよかったー!なんて思ったり。(どっちかというと私のはマンガ寄り。それはそれで日本文化を見て頂けたことにはなったかな??)

スターウォーズのレゴ
★レゴかわいい!やっぱトルーパーは沢山いないとなあ!うちでも20体くらい買って並べてみたくなりました!

デストロイヤー模型
★デストロイヤーのあまりにも精巧な作りに超感動!私、模型方面もちびっとやるのですがこれはもうまったく真似のできない世界です。かなり長いこと眺めさせていただきました…「欲しいけど高くて買えない、でもあきらめられない!」と、いつまでもショーウィンドーから離れられないでいる子供みたいになっちゃってましたよ……。
これ、全長30センチくらいしかないのです...驚きの精巧さとリアルさです。うしろにファルコンが張り付いてたりしてニヤリ。

模型は、撮り方によってはものすごく巨大に見える。EP4の冒頭のデストロイヤーも模型を撮影しているのですが、模型で出るあの巨大感と重量感と迫力は、何なんだろう!? EP2や3のCGのデストロイヤーにはそれほど重さや迫力を感じませんでした。…いくら進歩しようと、CGはリアルには到底かなわないのだなと考えさせられます。


会場に点在する大型セットで写真を撮るべく並びました。ファルコン号内、ジャバ宮殿、スピーダーバイクなどなど、一緒に写真を撮りたいスポットが満載!スノースピーダーは私の衣装では上にあがれなさそうだったので(それに一番人気らしく列も長かったので)やめておきましたが、私よりもっと動きにくそうな衣装の方がしっかり上に乗って写真撮っておられたので、頑張って撮ってくればよかったかな?


そして次はアートショーを見に。アメコミの作家さん、アニメーション作家さん、いろんな方がその場でイラストを描いてくれたり、ポスターにサインをしてくれたり。私自身、絵を描くのが好きなので、外国のプロ作家さんが絵を描くプロセスをとても興味深く見せていただきました! 線の入れ方、色のつけ方、筆が入っていく順番…はじめて目にする技術。

米国SWコミックライターさんと
作家さん本人が気さくに話しかけてくれ、ブースの中にいれてもらって記念撮影もしていただいたり!あちらの記念写真にもおさめて頂いたようで、ほんと、コスプレしていてよかったです。


そのあとは適当に会場をうろつきながら(ホントこれだけでも楽しいので!!)、午前中はエライことになっていたセレブレーションストアを4時頃にのぞき、目当てのお土産を買って終了!

ホテルに帰っても、宿泊客がほとんどセレブレーションのお客さんらしく、SWのTシャツの人やコスプレのままでホテルにいる人、ポスターにサインをしてくれたアメコミ作家さんもいたり!スタッフさんも数多く泊まっておられたようで、まだイベントが続いているような、素敵な気分でした。

お一人ダースベイダー
★お一人でホテルに帰っていかれるベイダー卿。事情を知らないであろうディズニーランド帰りの宿泊客はびっくりしただろうなあ〜!
posted by 芝浦 at 03:20 | Comment(5) | TrackBack(1) | STAR WARS CJ (JAPAN)

2008年08月02日

スターウォーズ・セレブレーション・ジャパン2日目(1)

間があいてしまいましたがどんどこ続きます。思い出がいっぱいありすぎて大変!
この日はコスプレコンテストに出場してきました!

セレブレーションジャパン、コスプレコンテスト受付中
★受付中。エントリーネームを「しばうら」でお願いしたはずが、なぜかコンテスト中はずっと本名で呼ばれてました…(笑)

コスプレ_オビワン
★この日も受付をすませてからコンテスト参加までの間、沢山の方と写真をご一緒させていただきました。ご一緒頂いた方々、ありがとうございました!



コンテストの審査員はアンソニー・フォレスト(フィクサー役 ※ルークの友人)、エイミー・アレン(アイラ・セキュラ役)、ティム・ローズ(アクバー提督役)、井上悟郎(映画プロップ製作)と…すごいメンバー!映画に出演した役者さんらが衣装の出来ばえを見てくれるというのはすごいこと。少々迷いましたが、おそらく日本での開催はもう2度とないと思われるセレブレーション、せっかくコスプレするんだから思い出作りに!!と参加を決めました。お人形も絵も衣装もみんな、愛着をもって作ったもの。展示や発表などで人に見て頂き、そしてもし、それを楽しんでもらえるとしたら、それはとても幸せなことです。

コンテストがどのような段取り・内容で進むのかよくわからず(公式サイトには「ステージに1人ずつ出て一回りしポーズを決めてくれ」くらいしか書いてない…)、過去のセレブレーションの様子を参考にしようと映像を探してもなかなか見つからない。当日になって聞きましたが、コスコンの動画撮影はなぜか毎回禁止なのだそうです(もちろん今回も)。動画映像がないのはそのせいっぽい…。

結局、詳細がわかったのは午後2時頃、出場者がいったんスタッフ控え室のような場所に集められ、そこで段取りを聞いた時でした。会場がどこになるのかもその時はじめて知らされました。私も他のコスプレ仲間たちも、ヤング・ジェダイ・アカデミー(ジェダイ・トレーニングを受けられる子供向けのショー)のステージではないかと想像していたのですが(観客は地べたに座り文化祭っぽく進むと想像)、そうではなく黒幕で仕切られていたシアター(クローンウォーズの映像などを流していた場所)のほうでした。さほどしっかりした作りではないけれど、音響や照明は立派で、意外にも本格的な舞台!!

ヤング・ジェダイ・アカデミー
★ヤング・ジェダイ・アカデミーのステージ。コスコンはここで開催するものだとばかり…!
☆ヤング・ジェダイ・アカデミーではジェダイになりたい子供達がステージにあがってトレーニングを受けることができます。先生役の方は「かつてヨーダからジェダイの教えをうけた」とのこと。
先生:「きみたちはマスター・ヨーダを知っているかな??」
子供:「み〜ど〜り〜〜〜〜〜」
先生: 苦笑しつつも「そうだね!!みどりだね!!」
毎回ちょっとした笑いがとびだす、とても楽しいステージでした。



私たちが集められた控え室(?)は、入り口から見て会場の一番左、セレブレーションストアの手前。ここから会場の反対側にあるシアターまでパレードをしながら移動しました。特に音楽などはなくゆっくり歩きながら進んでいくだけなのですが、進行ルートの両側は写真を撮る大勢の人でにぎわっていました。マラソン走者と、それを沿道で応援する人のような感じ!楽しい!

コスプレパレードの様子
★パレードの様子



シアターに到着すると、なんと1000人くらい入るらしい観客席がほぼ埋まっていました!コスプレコンテストに興味のある人はあまり多くはないだろうと思っていたので、これにはびっくりでした!

イベント側の段取りがあまり良くなく、控え室で待たされていた時間がすごく長かったので、その間は他の出場者さんとおしゃべりしながら「まだかなぁ」なんて思いつつもユルリと過ごしていました。顔見知りの方も多かったからなんだかマッタリムード。そんな感じだったのでここに来て一気に緊張‥‥っ。。。

シアターに到着し、ステージの前を一瞬横切ったあとは舞台裏へ。ステージに出たらどうするか、一組につきどれくらいの時間が与えられるかはここではじめて聞きました(笑)。イベントスタッフはあちこち動きまわり、段取りの確認などで反対側の舞台裏と通信に忙しい様子。スタッフも私たちもまさにぶっつけ本番!!

★2日目その2へ続きます〜
posted by 芝浦 at 17:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | STAR WARS CJ (JAPAN)

2008年08月04日

スターウォーズ・セレブレーション・ジャパン2日目(2)

2日目(1)から続いております。
いよいよコンテストがはじまりました。

スターウォーズ・セレブレーションジャパン、コスプレコンテスト
★パレードからシアター入場時の様子。私はこの時は気づいていませんでしたが、スクリーンも使用されていたんですね。後ろの席の方にもばっちり見て頂けていた様子!

コンテストは「子供部門」「ヒーロー/ヒロイン部門」「ヒール(悪役)部門」の3つにカテゴリ分けされ、まずは子供部門からスタート。オビ=ワンで参加の私は22番、「ヒーロー/ヒロイン部門」の6番手。全体では45組ほどが参加、出場者の総数は70名くらいだったでしょうか。小さな子供には保護者の方もついており、その方達もほとんど皆コスプレイヤー。2世代に渡ってコスプレできるなんてさすがSW30年の歴史!

自分の番が来るまでは舞台裏に出場順に並んで出番待ちです。舞台裏は暗く、スタッフ用の机がいくつかあるほかはほとんど何もない空間。もちろん舞台を見ることはできず、自分以外の出場者がどんなパフォーマンスをしていたかはわからずじまいでした。仕方ないことですがちょっと残念...!

パフォーマンスのためには手荷物は持てません。ほとんどの出場者は入場パスすらも持ってない状態でした。控え室に集められ、開始前パレード、コンテスト本番、終了後パレード、そして再び最初の控え室へ戻ってくるまでの時間は2時間以上。この間トイレにも行けなければ飲食もできませんでした。出場者全員のパフォーマンスがすみ、審査待ちの時間になった頃には私もかなり喉が渇いていました。コスプレはどんな衣装であれ、暑かったり動きにくかったりで疲れるもの。大人の私たちは我慢できますが、子供は、ちとかわいそうでした…

スターウォーズ・セレブレーションジャパン、コスプレコンテスト舞台裏
★舞台裏の様子。「舞台裏」は本来、外にお見せするものではないのでぼかしておりますがこんな感じでした。喉が渇いて少し辛かったけど、スターウォーズ・コスプレ好きの人が大勢一箇所に集められたことにより自然とコミュニケーションができ、辛くも楽しい不思議タイムでした。

スターウォーズ・セレブレーションジャパン、コスプレコンテスト出場者の方々
★参加者のパフォーマンスの様子。この写真はかなり早くからシアターに並び、観客席の最前列、ステージ前のベストポジションをゲットしてくれた友人が撮ってくれたものです。直接見ることはできなかったけど、どんな感じだったかわかって嬉しい!



自分の番がきました。司会者が衣装について解説してくれている間(40秒ほど)がパフォーマンスタイム。この「解説」は参加登録時に参加者自身が書いた文章がもとになっています。衣装への思い入れ、制作時の逸話やどこにこだわったか?などを事前に文章にして提出していました。

スターウォーズ・セレブレーションジャパン、コスプレコンテストでのパフォーマンスの様子
★パフォーマンスの様子。

私の衣装のなかで一番頑張った(かつ苦労した)のはローブです。特にフードとたっぷり布量を割いた背中のドレープの部分。なのでステージでは後ろの作りも見て頂けるように動きました。解説の読み上げにあわせて動いたつもり…でしたが、先述のとおり動画撮影が禁止されていたため後の確認はできていません。上手くいってたかなあ。緊張のため記憶違ってるかも…。
…あ、退場する時方向間違ったのは覚えてます…壇上のスタッフさんに誘導してもらいました(笑)!



全員のパフォーマンス終了後、審査がはじまりました。パフォーマンスが終わり緊張の解けた私たちは控え室の時のようなまったりムード。コンテストのことよりも「次は何見る?」とか「喉かわいたなあ…あそこのお茶くれないかなあ(スタッフ用の机の上にお茶が何本か置かれていた)」とか、他愛のない会話をしているうちに審査結果が出たようで、部門ごとに3組(全9組)が番号で呼ばれました。
その中に、思いがけず、私も入っていたのです…!再び緊張が!

入賞者は再びステージにあがりました。この時の順番は「ヒーロー/ヒロイン部門」が最初だったため、部門の中で番号が一番若かった私は一番最初にステージにあがりました。観客席の友人も「選ばれるとは思わなかった」とびっくり。私もいまだにびっくりです!
力作ばかりが集う中、私の衣装が審査員の方々の目にとまるとは…嬉しいやらはずかしいやら…。

セレブレーションジャパン、コスプレコンテスト。入賞者と審査員
★入賞者と審査員の方々。壇上でポーズ! 
総合優勝は右端のグリーバスの方。フルCGキャラを驚きの完成度で再現。歩き方もそっくりで脱帽!

観客席からの拍手によってそれぞれの順位が決まり、私は「ヒーロー/ヒロイン部門」の2位となり、アイラ・セキュラ役のエイミー・アレンさんから賞をいただきました。

SWコスプレコンテスト受賞時のもよう
★受賞時のもようと、頂いたトロフィー。セレブレーションジャパンのロゴに「COSTUME CONTEST SECOND PLACE」の文字が。素敵です!



私の衣装は2年前に最初の1着を制作して以来、機会あるごとにちょっとずつ改良をしてきました。2年間EP3版のオビ=ワンの衣装のみに注力し、時にはまるごと作りかえたりなどしてきて今の形になりました。自分なりのこだわりがあったことは確かなので、しっかりした舞台でそれが認められてとても嬉しかったです。子供の時から大好きだった映画の出演者の方が選んでくれたという幸せ!一生の思い出になりました!
ありがとう、スターウォーズ!
posted by 芝浦 at 12:07 | Comment(4) | TrackBack(0) | STAR WARS CJ (JAPAN)

2008年08月11日

スターウォーズ・セレブレーション・ジャパン3日目

あっという間に最終日。

この日はファンブース内にてイラスト扇子を展示させていただきました。

スターウォーズ和風絵柄扇子

★展示させていただいた扇子。展示前に自宅で撮ったものです。

スターウォーズ扇子の絵原画

★扇子のイラストです


1日目は混雑のため、2日目はコンテスト参加のため…と結局時間がとれず見れずにいた「クローン・ウォーズ」の映像を午前中に鑑賞。休日とはいえ月曜日ということもあってのことでしょうか、入場者数は21日が一番少なかった印象でした。上映前に並ぶなどということもなく、ゆっくり見ることができました。23日から公開の「クローン・ウォーズ」、楽しみです!

午後からはファンブース内にてメンバー持ち回りの「ブース番」を2時間ほど行いました。ブース番をしていた間に何人かのお客さんに扇子について声をかけていただきました。私がいない間にも、目をとめてくれた人が何人もいらっしゃったと聞き、好評で嬉しかったです!
この扇子は、現在は家の「スターウォーズお人形置き場」になっている棚の上に飾られております。1つしか置くスペースがないのでアナキンとオビワン日替わりで(笑)。

++++

会場や、このブログに頂いたメールなどで「暑さは大丈夫でしたか?」や「暑い中おつかれさまでした」というお言葉を多数かけて頂いております。
ほかにも色々なメッセージを下さった皆様、ありがとうございます!

コスプレ中は、テンションが高くなるというか、何か脳から変な指令が出てるのではないかと自分でも思うのですが……、衣装の暑さや重さに普通に耐えられるのです。オビワンばかり2年続けているという慣れもあるのかもしれないですが、ふだんはTシャツ1枚でも暑さにへばり、額から汗がじゃんじゃん出てエライ顔になるのに、コスプレ中は暑いとは思うものの体調が悪くなることがなく、不思議なことに顔や額の汗がほとんど出なくなり(首から下はびっしり汗かいてます…衣装は毎回、ホテルのコインランドリーで洗ってました(笑)!)、メイクが崩れることもあまりなくなるのです。もちろん熱中症対策などはちゃんとしていますが、ほんと不思議なくらい平気でいられます。今回のような夏場に、炎天下の屋外でまる1日やったことすらありますが…次の日に筋肉痛になったりするけどその日は平気。たぶん翌日以降の分のエネルギーもその日に使っちゃうんだと思います。
そのあたりの予想はだいたいついていたので、イベントのあとは寄り道せず、すぐにホテルに戻り休んでいました。温泉旅館のような大浴場がついているホテルで、お風呂は最高!ゆったりと疲れをとることができて嬉しかった!
それでも3日連続でオビワンのを衣装を着続けた経験は今回がはじめてで、さすがに3日目ともなると体にこたえてきました。「脳からの変な指令」のききめはどうやら2日が限界?

疲れもあり、見たいもの・やりたいことは先の2日でだいたい制覇したというのもあり、この日はあまり動きまわることなく終わりました。
ですので特筆すべきとこはのこくらいです。会場の更衣室を借り、Tシャツとジーパンに着替えて出ていくときはちょっとだけ寂しかった!でも、あれから3週間った今でもまだ興奮と楽しさを覚えているほど、あまりある幸せをこのイベントでもらえました!
帰りの新幹線の中では、私も友人も爆睡。電車内やホテルでの暇つぶし用に持っていってたPSPのゲーム「モンスターハンター」、結局ほとんど遊ばずに終わったなぁ…。

3日間、スターウォーズの世界にどっぷりつかれて、夢のような楽しいイベントでした。
またこんな機会があるといいなあと夢を見続けつつ、レポートを終わりたいと思います。
May the Force be with you!!
posted by 芝浦 at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | STAR WARS CJ (JAPAN)