2007年10月29日

フェルト・オビ=ワン1

ニードルフェルティングのオビ=ワン

まずご紹介するのは、フェルト製のオビ=ワンです。

ニードルフェルティングという方法で制作しています。羊毛、つまり毛糸の原料みたいなものを専用の針でチクチク刺して、マスコットやアクセサリー、小物など色々なものを作ることができる手芸です。

材料の羊毛(原毛)は、買ってきた状態だとホントにモッサリしたただの毛玉です。このフワフワの羊毛に水分や摩擦などを加えると、絡みあって縮みます(これをフェルト化と言うそうです)。石けん水等で羊毛をかためる「ウェットフェルティング」という方法もあるのですが、このフェルト製オビ=ワンは水は使わず、針で羊毛をかためる方法で作っています。

ニードルフェルティング専用の針は、先端近くに細かい傷がついています(縫い針のようになめらかではありません)。この針でフワフワな状態の羊毛をチクチクと刺していくと、針の傷に羊毛が引っかかって絡まり、ただの毛玉がだんだん密度濃く、固くなっていきます。おおまかに形を作ってから細かいところを整えます。足りないとこは羊毛を足し、凹ませたいところは押したりむしってしまったり。いろんな形にできるのです。

まずモールで手足など体の芯をつくり(ライトセーバーもモールです)、芯に羊毛を絡めていって形にしていきます。ベルトと目(=羊毛でない部分)は接着剤を使ってとめてありますが、他の部分は全部、針で刺すだけで作っています。縫ったり接着したりは一切なしでこんなマスコットができるんです〜!不思議〜exclamation

実はこのオビ=ワン、「ニードルフェルティング」を知ってはじめて作ったものなのです。この感覚はやってみないとわかりませんが、ほんとに不思議です。けっこうな力で針をチクチク、というかブスブス刺し続けるのでストレス解消にもなる.....?!

2007年10月30日

フェルト・オビ=ワン2

フェルト製オビワン_ローブ脱着

じつはローブの脱着ができます。
ニードルフェルティングのお人形は、針で刺していくだけで簡単にパーツをくっつけていけるためなのか、そもそも外れる必要がないからなのか、服や帽子などが脱着できる作品って見かけないのであえて外せるように!
脱げたローブだけを見るとなにやらわからない物体です…わーい(嬉しい顔)

針で刺し固める方法でこういう薄いシート状のフェルトを作るのは、やってみてわかりましたがかなり大変……。
このオビ=ワンは身長7センチほどなのでローブの面積もたいしたことないのですが、もっと広く大きいパーツ作るとしたら石鹸水使う方法でないとダメそうあせあせ(飛び散る汗)

2007年11月09日

道具と材料

ニードルフェルティングに使う道具と材料です。
左は台座になるスポンジと、針。右は材料の羊毛(原毛)です。
基本的にはこの3つしか使いません。簡単ですよ〜!

道具と材料

針はたいてい、このような無骨な状態で売ってます。何かの部品のように見えますが、実際もともとは機械の部品だったらしいです。持ちやすいようにゴムやプラスチックがかぶせてあるものや、広い面積を一度に刺し固めるために3〜5本の針をまとめて1本の道具にしたものも売ってます。でも小さなお人形を作るなら1本だけでOK。
スポンジは、台所用のもので大丈夫。とにかく針をブスブス刺すためあっという間に痛みますので、100円ショップで「10個入り」などの安いものを買います。ニードルフェルティング用のスポンジももちろん売ってます。小さいパーツや、広い平面状のパーツを作る時に下敷きとして使っています。人形本体を作る時は手で持ってることが多いので、私はあまり使いません。

写真の羊毛はハマナカの原毛です。他にもいくつかのメーカーから販売されていますが、大きな手芸店でも扱っていない店のほうが多い印象です。何も知らない状態からだったので探すのに苦労しました...。ネット通販ならいろいろと見かけますが、モニタで見ても正確な色がわからないのでますは実際手にとってながめられるお店探しから(笑)。
写真の羊毛はユザワヤさんでゲット。

2008年01月26日

フェルトアナキン、写真いろいろ

できあがったアナキンお人形の写真をいろいろ紹介です〜。

フェルティングニードル作品
背中あわせ師弟。このようにお互いの背後をまもりつつ戦う、というシーンは劇中でも目にしするので場面の再現!....と思いきや、ほんとのトコロはこうしておかないと倒れるからだったり。ローブを着ているこの状態だと、ローブの裾でバランスがとれるので1体だけでもなんとか立ちますが、エアコンの風で倒れたりする弱いジェダイ(笑)。まあ、毛玉だしね……


フェルティングニードル作品
ローブなしでは自立は無理...。これはバックに壁を作って立たせています。
実際の身長は、アナキンのほうがオビワンより10センチほど背が高いので、その差をちょっと表現してみました。足もアナキンのほうが長く作ってます。


フェルティングニードル作品
フラッシュがあたりすぎてしまい肌色が飛んでしまっていますが、髪の毛のつくりや、羊毛そのものの質感はわかっていただける写真かなと...。


フェルティングニードル作品
アナキン一式。ローブと、セーバーと、本体。
市販のスターウォーズフィギュアみたいなブリスターパックに入れてみたい....





イヌやウサギなどの動物メインのフェルト作品を紹介している本やサイトでは、芝生の上などの屋外に作品を持っていって撮った写真をみかけます。今の時期は寒いし、いい景色もなかなかないので春になったらロケーションに凝った写真を紹介したいなあと思ってます。
12インチカスタム_オビ=ワン
こちらは一昨年の夏に撮ったもの。いかつい顔の12インチフィギュアとお花がいまいちミスマッチですが(笑)、写真は太陽の光の下で撮るのが一番いいなあ〜

2008年02月04日

折れた〜〜

ニードルフェルト針
「フェルト手芸用のニードルは、羊毛を絡ませるために先端近くについている傷のため非常に脆く、折れやすい。」
...そんな情報をはじめて作品を作る時にネットや本で調べて見聞きしていたので、それらのアドバイスどおり、「まっすぐ刺してまっすぐ引き抜く(余計な力が針にかからないように)」を心がけていたのですが、とうとう最初の1本が折れちゃった...。
2本セットで買ったのでもう1本残ってますが、早く買わなくちゃ。
気分がのっている時は、仕事の後などでも長時間チクチク頑張れるので、そういう時に針が折れたり羊毛がなくなったりで、やりたくてもできない状態になっちゃうと大変ションボリですので...。


クワイ=ガンの予定
またもジェダイな人を作ってます。
今回はスケールを大きくしてみました。身長12〜3センチになる予定です。7センチサイズではちょっと無理だった、着物の重ね着感を出してみたいです。
ローブは7センチサイズでもかなり大変だったので、倍近い大きさで作らなければいけないことを考えると面積がありすぎてニードルでは無理そう...。初の石鹸水フェルトにチャレンジしようと思います〜。
石鹸水で適当な大きさのシート状フェルトを作って、それをニードルで縫い合わせて服の形にしていくつもり...うまくいくかどうかはわかりませんが...

2008年04月20日

失敗したかも〜

クワイ=ガン&多肉植物

携帯のカメラで撮ったので不鮮明でごめんなさい。
今回はEpisode1の主役(?)キャラ、クワイ=ガン・ジンを制作しておりました。というか、まだ途中です。ほぼ完成で、あとは顔の表情など細かいところなのですが...。

この人形は今までの2体の1・5倍程度の大きさで作ったのですが、このくらいになれば細かいところも作れるかも♪と思いきや実際はかなり大変!……形を作るだけでひと苦労でした。しかも、これは私が短期間に集中して作らなかったことが原因でしょうが、手足のバランスがあまりよくなく、思った通りにできませんでした。うーん、残念!!
ローブも袖まわりやフードを形作っているうちに丈が短くなりすぎてしまいやはり少々ぶかっこうに...あわわわ。。正直あまり気に入った作品になならなそうなのですが、ローブを固定してしまえば(脱着できないようにしてしまえば)体格の矯正はできそうなので、完成まで頑張ってみますー!



右の写真は週末、ちかくの植物園で開催されていた「サボテン&多肉植物展」の即売会で買ってきた多肉植物たちです。どうも鑑賞用の植物としてはマニアックな部類に入るっぽいのですが私の中では大ブーム。独特の葉の形や色を楽しむものなので、ほぼ1年中鑑賞できるのです。
あと、ここに写っているものは1株200円〜500円。お手頃なのも魅力!(でも、高いやつはビックリするほど高い...!)

2011年01月12日

フェルト人形・ルーク&レイア

スターウォーズ人形ルークとレイア01

スターウォーズ人形ルークとレイア02

このブログを開設した当初に紹介した以来の、ニードルフェルティングによるスターウォーズお人形紹介です。
前回は新3部作より「アナキン」と「オビワン」の師弟を作りましたので、今回は旧3部作から「ルーク」と「レイア」の双子の兄妹を作りました。
針1本と5色ほどの羊毛で作っています。目やベルトなど一部に羊毛以外の素材も使っています。
この人形たちは先日開店イベントへお邪魔させて頂いた熊本の雑貨店「nico」の店長さんへプレゼントさせていただきました。お店に飾って頂いているそうです!ありがとうございます^^


スターウォーズ人形ルークとレイア03

ルークうしろ。服の構造はとても簡単です。腰のベルトとポーチは皮革のハギレを利用しています。ライトセーバーは青のモールです。

スターウォーズ人形ルークとレイア04

レイアうしろ。フードもついています。実際はこのフードは腰に届くほどの大きさなのですが、このサイズと材料では再現できないのでデフォルメしています^^;

スターウォーズ人形ルークとレイア05

おまけ。ちょっとイヤンな写真ですが…スカート部分を後から別パーツとして加えているので脚もしっかり作ってあります。そこまで見えないですが、ちゃんとパンツはいてますよ〜(笑)。

羊毛フェルトのお人形作り方に興味のある方はこちらをどうぞ♪