2013年08月19日

STAR WARS CELEBRATION EUROPE2 に行ってきました! (1)

7月26日〜28日、ドイツ・エッセンで開催されたスターウォーズイベント、STAR WARS CELEBRATION EUROPE2に行ってきました。

STARWARS CELEBRATION EUROPE2 COSTUME CONTEST OBI-WAN

C6最終日に次回開催国が「ドイツ」と発表され、まだアメリカにいたその時から、「これは次も行きたい!」と思っていました。ドイツへは過去も行ったことがあり、ドイツの文化(とくに手作りの技光る工芸品や、中世のような美しい風景)にもともと興味もあり、10年ほど前にはドイツ語教室にも通っていました。「機会があればもう一度」と思っていた国です。別の国が開催地として発表されていたら多分、「ふーん」で終わってたと思います^^;

昨年のC6(アメリカ)へは4人で行きましたが、今回は初の海外一人旅です。
最初は「旅の仲間」を見つけようと、海外イベント経験者の友人やC6仲間(主にokiさんw)をしつこく誘ったりしたのですがフロドのようにはいかず。1月で仲間探しは諦め、ひとりで滅びの山に指輪を…、じゃなくて、ひとりで行く決心を固め飛行機とホテルを予約。かつてドイツ語教室で使ってたテキストと辞書を押しいれからひっぱりだす。ちょっと防虫剤くさい…。

なにしろ一人で海外旅行ははじめて。何かトラブルがあっても自分だけで何とかしなくてはなりません。仕入れられる情報はできる限り集めおくことにします。
今さら感じますがネットはべんり。目的地エッセンは観光地ではないので、観光ガイドには全くと言っていいほど載っていません。でもネットなら会場名「Messe Essen」で調べれば公式サイトがすぐ見つかるし、空港のマップや鉄道の路線図も手に入る。調べていくうち、ドイツはボードゲームが盛んなこと、Messe Essenでは世界最大のボードゲーム見本市が毎年開かれることを知りました。ボードゲームファンが書いたイベントレポがいくつか見つかり、おおいに参考になりました。
 
 
 
日本時間7月25日朝6時40分、自宅を出発。空港バスの発着場所まで自宅からわずか徒歩20分。バスに乗ってしまえば空港には寝てても着くわけでウチから空港へのアクセスは大変便利。ですが、外はすでに30度の猛暑。この徒歩20分ですでに汗だく。




調べた中では一番便利(と思われる)なルフトハンザ航空、関西→フランクフルト→デュッセルドルフのルートでドイツへ。
「フランクフルトにはルフトハンザ専用ターミナルがあり、乗りかえはとても便利!歩く距離もわずか!」と、どの情報を見ても書かれていて、検索で最初に見つかるのは乗継時間1時間ほどのプラン。しかし昨年のアメリカで入国審査に異様に時間がかかり、経由便に乗り遅れた思い出が私を「2時間前行動」に駆り立てます…。
今回は何かあっても助けてくれる仲間はいません。用心はしておこう、とおすすめプランより1便遅いものを選択。

「乗りかえはとても便利!歩く距離もわずか!」その情報は正しかった!フランクフルト空港でのヒマな時間、約3時間w
でも巨大空港の中にはいろんなお店があって3時間なんてあっというま。いかにも観光客向けのお土産屋をのぞいたり、カフェでくつろいだり、本屋でスターウォーズの本を見つけたり。ドイツのパンはうまい。まじうまい。
 
 
starwars celebration europe2
 
ここで買わなくても翌日会場内で売ってそう。
と思っても買ってしまう…。
 
 
  
順調に旅してきましたが、デュッセルドルフ空港に着いて初のトラブル発生。

荷物が出てこないw
ライトセーバーだけがw

国内旅行ですら搭乗手続き時には確実に問いつめられる謎の長い物体です。不審物扱いされて没収された? よくあるロストバゲッジってやつ?? スーツケースは無事だから最悪会場で買うか??? 売ってないなんてことはまずないハズ…
…などとグルグルしましたが、悩んでもしょうがない。

付け焼き刃な勉強の成果が試される時が来ました。ルフトハンザのオフィスに行き、カタコトのドイツ語、中学生レベルの英語、身振りを総動員して状況を伝えます。2人いた女性係員の一人は手元のPCで荷物を検索、もう一人は実際に空港内を探しに行ってくれました。
オフィスでしばらく待つと、無事発見の報告(^o^)! 私の聞き取り能力不足で全部は理解できませんでしたが、どうも荷物カウンター内部のどこかでひっかかっていただけのようです(長いから??)。
その時ちょうど到着していた、中国発の飛行機の荷物といっしょに出て来ました。ダンケ、サンキュー、アリガトウ、言えるだけの感謝の言葉をぜんぶ伝えて空港をあとに。


デュッセルドルフからは、電車で移動。
私より先に現地に着いた東京からのSW仲間が、電車の旅の様子をFacebookに掲載してくれていました。ドイツの電車は日本と違うところがいろいろあるのですが、一応過去に体験したことがあるので大丈夫。とはいえ写真つきで「この赤い電車だよ!」なんて教えてもらえるのはすっごく助かる^o^ JさんSさん、ありがとうございました!




ドイツの電車のドアは手動。ボタンを押して開けます。
そして、改札口がない。券売機はホームにあったり駅通路にあったりイロイロ。乗車時間を記録する打刻機も、ホームにあったり電車の中にあったりイロイロ。



エッセン中央駅地下ホーム。照明がSFだった。宇宙船が到着しそう。
日本でもあることですが、1つのホームに別の目的地行きの電車が何本も来る。番号をしっかり見てから乗らないと。


空港での荷物探しで2時間遅れ、ホテルには25日21時頃に到着しました。
衣装を出してハンガーにかけ、スチームで皺をのばしたらおやすみ! 明日が楽しみです。
(つづく〜)
posted by 芝浦 at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | STAR WARS CE2 (GERMANY)

2013年08月25日

STAR WARS CELEBRATION EUROPE2 に行ってきました! (2)

STARWARS CELEBRATION EUROPE2、1日めのレポートです。

北海道よりもかなり北のドイツの夏は日本とは大違い。30度をこえる日は時々あるようですが、湿度が低く、日本のように蒸し暑くない。快適です^^

starwarscelebrationeurope2
正面は宿泊先のホテル。
左の建物は普段はコンサートなどを上演しているグルーガホール。コスプレコンテストやトークショー系のイベントはここ。
この場所から後ろを向くとすぐそこに地下鉄の入り口があります。非常に便利。
メイン会場はグルーガホールの横(写っていません)です。

スケールの大きいアメリカでは「会場のとなりのホテル」といってもかなり歩きましたし会場自体も広大でしたが、ここドイツの街の距離感は日本とほぼおなじ。荷物が増えたときやトイレに行きたくなったとき、ホテルにすぐ戻れます。地下鉄も数分間隔で運行していました。


開場は10時なので、9時半頃ホテルを出て会場に向かい、チケットを交換(チケットは事前にネットで購入し、控えのプリントアウトを当日チケットに交換してもらいます)、入場待ちの列に並びます。待機列は入口の反対側までのびていました。


毎回恒例の、アンソニーさんの待機列訪問。ファンのみんなにもみくちゃにされながらもいつも笑顔^^


入口前にはすでにフル装備のコスプレイヤーの姿も。コスプレの方はアメリカにくらべると少なめな印象でした。ご近所の方はやはり、このまま来場しちゃうようで…、開催期間中は、エッセン中央駅(ここから地下鉄で20分)や電車の中で帝国兵やジェダイのみなさんを見かけました^^;



開場後15分くらいで中に入れました。
メイン会場は、4つのホールが使われていましたが全体としてはCJよりも狭いかんじ。なので始終混雑していました。


まずは午前中のうちに公式グッズを見に行きお土産確保。売れればどんどん在庫を出してしまう販売方法です。2日目以降だと入手できないものも。日曜しか来れない人だっているだろうにと思うのですが^^;


お土産をホテルに置いて、ここでコスプレ衣装に着替え、ライトセーバーだけ持って再入場。着替えたとたん、記念写真の的になります。ドイツでも自分で言うのがはずかしいくらい大人気でした…。目にとめていただけるのはありがたいことです^^ (お土産購入時はただの小さな東洋人だったので、誰に呼び止められることもなく迅速に任務完了w)


会場内の様子。カードゲームのブースでは遊び方講座が開講中。カードは無料配布されていたので私ももらってきました。


このゲームはかなり人気があるみたい!街の看板や駅の売店、空港などいろんな場所で見かけました。
EP3オビワンのカードの看板、激レアカードのようです。日本のカードゲームは攻撃力数万とかが普通なのでピンときませんがw


こちらはボードゲームの駒。さすがボードゲーム大国のドイツ、駒1つの造形もかなりスゴイ…
遊び方がわかったら、楽しいだろうなあ!

starwarscelebrationeurope2_18.jpg
もちろん売ってるぞ大量に。
もしあのとき空港で没収されてたとしても、よりどりみどりだ。
正直誰のかわかんないやつも。黄色とかね。


こんなベッドで寝たら毎晩クライマックスですねえ…



メイン会場閉場後の19時半から、本日のハイライト、私がコスプレコンテストの次に楽しみにしていたイベント、「Episode6屋外上映」がスタート。18時半頃ホテルに戻って衣装とメイクを直して、いざ会場の公園、グルーガパークに。


入り口はメイン会場のすぐ横だけど、かなりデカイ公園です(この地図に載ってるのは公園の右半分だけ。自然の多いドイツですが、整備された「公園」というくくりでは、グルーガパークはドイツ最大だそうです...)。


スクリーンが設置されている上映場所まで、頑張って早足で歩いても15分。迷わないよう、ところどころに看板やスタッフの方が立っていました。

starwarscelebrationeurope obi-wan cosplay
上映場所につくまでの風景はどこをとっても素敵でした。屋外ロケ好きなので、この時ばかりはカメラマンを気軽に頼める友人がいないのが残念でした…
かつて撮影イベントに毎回ついてきてくれた友達のSちゃん、さすがにドイツまで来てもらうわけにはいかなかったけど、このロケーションだったら喜んで何百枚も写真撮ってくれただろうなあ〜


「屋外上映」をどんな方法でやるのか、行くまでまったく想像できませんでした。公園にもともとある施設ではないので機材を持ち込むはずですが、夜でも10時くらいまで明るいドイツではスクリーン上映はできないはず…。

starwarscelebrationeurope2_23.jpg
行ってみてびっくり、日本にはないサイズの巨大な(オプティマスくらいの)トレーラーの上にオーロラビジョンのようなスクリーンが乗っていました!
なるほどこれなら昼間でも大丈夫。しかしスケールでかーー!
この司令官が、、いや、トレーラーがスクリーンを運んできたんだと思いますが…、どうやって積載したのかは謎です…。そもそもこの巨体がどこから公園に入ってきたかも謎だ。


上映前にはドイツのセーバーアクションチームの皆さんがショーを行っていました。私たちが行うものとほぼ同じでしたが、かなり長く演技してました。演技をする場所と時間だけをもらい、あとは本人達でまかなっているもよう。そこらへんも私たちと同じでなんとなく親近感。声をかけたかったのですが、演技後はトレーラーの裏(観客からは見えない場所)に隠れなにやら話しあっていたのでやめることに。私たちも演技後はすぐ「反省会」になるので、彼らも同じかも。

starwarscelebrationeurope2 obi-wan kenobi
上映開始前に、近くにいた方に撮って頂いた写真。
20時頃です。夕日ではない色なのに、影を見るとほぼ真横から光が当たっているのがわかると思います。緯度が高い国で撮れる不思議な写真。


ちょっと離れたところで寝てるジェダイ… 自由です



上映はじまりました!盛り上がる公園内!

starwarscelebrationeurope2 obiwan costume
レジャーシートにお弁当、お菓子のピクニックセット完備の皆さんが多いなか、私はそのまま草むらに寝っ転がって鑑賞です!


森林を走るスピーダーのシーンを森の中で見る。どこまでが映像でどこからがリアルな森なのか境目のわからない感じが素敵でした!

青空ときれいな空気と美しい森の中で見るスターウォーズ!!
最高です!
CELEBRATION EUROPE2、来てよかった!

その3へつづきます♪(いちばん長くなるかも)

posted by 芝浦 at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | STAR WARS CE2 (GERMANY)

2013年09月16日

STAR WARS CELEBRATION EUROPE2 に行ってきました! (3)

starwarscelebrationeurope2 スターウォーズ セレブレーションヨーロッパ オビワン コスプレ

27日。Celebration Europe、2日目です。
この日は重要任務が2つ。いちばん忙しい日でした。
まず1つは「このために来た」と言ってもいいコスプレコンテスト。もう1つは、大阪の「ジェダイ寿司」に集まったSW仲間たちにむけてイベントの様子を生中継です。

開場は10時ですが、コスプレコンテストのエントリー受付は9時からとのことなので、まずはそちらへ。
セレブレーションのコスプレコンテストは2008年のCJ2012年のC6につづく3回目の出場。
エントリー受付で本名・キャラクター名・出場カテゴリーを確認したら、事前審査です。


エントリー受付所付近は、いろんな星の人が集まるカンティーナ酒場みたいになっていました。


C6の事前審査でも衣装をざっと確認されいくつか質問されましたが(自作かどうかなど)、今回はかなり入念。ローブを脱げと言われ、ローブの作りや白上着の裏地なども見られました。
私の場合は言葉が不自由だったからなのかもしれませんが、他の参加者さんもエントリーに時間がかかっていたようなので、細かく見るのがデフォルトのようです。
エントリー番号「33番」をもらって、コンテストのことはいったん終了!



さて本日のメインイベントその1!ドイツの様子を日本にむけて生中継!
現地時間11時に中継をはじめれば、日本は18時。いいかんじに宴会開始タイムです。10時に会場に入り、歩く道を再確認しつつ1時間をすごしました。出会いもあったり、道行くコスプレイヤーさんを撮影させていただいたり。

オビワンケノービ obi-wan kenobi
1日目にもお会いしたベン・ケノービ!この写真は6歳くらいの女の子が撮影してくれました。
ベンさんを撮影してたら「あなたも入んなよ!カメラ貸して!撮ったげる!」ってなかんじで!
なんと画角や縦横を変えて5枚ほど撮ってくれていました…すごい…短時間のうちに…


素敵なドレスのアミダラ女王。特に女性コスプレイヤーの衣装のクオリティは高かった!
この方は後日も、公式ほかいろんなところで写真や映像を目にしました。


ドイツ501stのハイデマンさん。ドイツにご友人の多い501st日本メンバー、hidekiさんのご紹介でお会いできました♪
数々のSWキャラ衣装を作られているそうなのですが、コンテストへはクローンウォーズのキャラ、リヨ・チューチーで参加。アニメキャラならではのヘアスタイルを見事に再現、衣装も細部まで凝っていて素敵でした。暗い場所だったので写真がイマイチで申し訳ないです...><


3日間目立ちまくっていた「アングリーバード」コンビ。どこにいっても子供に追いかけられていました。多分かなり重いのでしょう…。会場隅に座り込んでる姿も何度か見た…。

starwarscelebrationeurope2 スターウォーズ セレブレーションヨーロッパ オビワン
アーティストの三田恒夫さんブース。中継のときも寄らせていただきました。数々の楽しいお話を聞かせていただいたほか、お菓子頂いたり、わけあって絆創膏まで頂いたり!お世話になりました〜!



私一人でカメラマンとレポーターを兼ねなくてはならないので大きな機材は持てません。現代ならではの「facetime」による、「テレビ電話」でつなぎます。私もiphone、ジェダイ寿司もiphone。ジェダイ寿司側では受信した映像をテレビモニターにつなぎ、みんなで見れるようにする方式。前日にテストを行い、ドイツと日本がしっかり繋がることを確認。映像も音もクリアで、何千キロも離れているとはとても思えない。タイムラグもあまりない。文明ってすごい。

11時に、日本とこちらで同時に「乾杯」!!
ビールの国に来ておいてアレですが、私はアルコールダメ…。なのでコーヒーで乾杯www
会場をぐるっと見回すように中継したあとは、会場内を歩きながらの実況レポート。

ふつう「facetime」はテレビ電話として使いますが、私が自分のiphoneを覗きこんでしまうと日本側は私のヒゲ面のアップしか見えませんw なのでiphoneは自分の歩く方向に向けての中継です。日本側にどんな映像が送られているか私は確認できません。さらには会場がうるさいため、実況はかなり大声でやらないと聞こえません。

…結果、iphone片手に日本語を大声でしゃべりながら歩く怪しい人にww


中継の様子を自分は記録できないので、中継前の予行演習で撮影したものをご紹介。 自分の声がちゃんと入るか、どれくらいの角度でiphoneを持ったらいいかなどを調べているところです。なので映像としてはあまり面白くなくてすみません^^;
これは会場が見渡せる場所から動かないで撮影していますが、実際は会場内を歩きながら、こんな調子でやっておりました。


当然、周囲の人には私が何をやっているかが分からないので、中継の間何度も「写真いいですか?」と呼び止められてしまいます。たぶんその間、日本には逆さになったりブレまくったりの放送事故みたいな映像が送られていたのでしょうww iphoneからは「写真撮られてるww」と日本の仲間の笑い声が。

大型企業ブース、公式グッズショップ、三田恒夫さんブース、小規模小売りブースを順番に案内。日本のものを見つけたり、コスプレさんを追いかけたり。多分、楽しんでもらえてたと思います!

ファンテーブル関連が集まるホールにも行きたかったのですが、ここはブース数のわりに通路がせまく、3日間いつ行っても人の流れが止まってしまってるかんじでした。チビの私がiphoneで中継しても前を歩く人の背中しか中継できない気がしたので断念…。
一見混雑で盛況のように見えて、実は他と比べて人が多いわけじゃない。なんか、、配置ミスな気がしました。。とくに机1つ程度の小規模ファンブースは、目の前を501stなどの大規模ブースに行きたい人の列で塞がれ、あまりじっくり見てもらえない形になっていてチョットかわいそうでした…。(私もまたファンブースで参加するかもしれないので、、来場者アンケートにがんばって改善願いを書きましたよ…)


中継開始後1時間ほどたつと、ジェダイ寿司からよびかけが。
「今日の野菜彫刻ができたよ!」

starwarscelebrationeurope2 スターウォーズ セレブレーションヨーロッパ オビワン
おお〜! これ、オビワンではなくて、私なんですよ!私の彫刻です。
okiさんありがとう!
満載のソーセージにドイツ国旗、ぜんぜん寿司じゃないwwさすがです!


そうこうしているうちにコンテスト参加者集合の時間が迫ってきました。中継はここで終了!
おつきあい頂いたみなさんありがとうございました!

starwarscelebrationeurope2 スターウォーズ セレブレーションヨーロッパ オビワン コスプレ
コンテスト中は荷物を持てないのでホテルに戻って荷物を置き、メイクをなおして衣装もチェック。
ホテルの部屋で一人で、顔と衣装の最終確認w こんな自分撮り写真が30枚も残ってました。あとから見るとなんだこれwです。

この日の後半のお話は、また次回〜!
posted by 芝浦 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | STAR WARS CE2 (GERMANY)

2013年10月07日

STAR WARS CELEBRATION EUROPE2 に行ってきました! (4)

starwarscelebrationeurope2 obi-wan cosplay

7/27、Celebration Europe2日目。
中継任務がおわり、いよいよ本日の、というか私的に今イベントのハイライト、コスプレコンテストの時間です!

13時半に集合場所へいくと大勢の出場者が。昨年よりも人数が多かったです。80人くらい。
事前審査時にもらったエントリー番号の順に並ばされ、会場内の待機場所に誘導されます。キッズ、ジェダイ&レベル系、帝国&悪役系、姫系…とつづきます。
アメリカでは、数人がかりで巨大な1つの衣装(?)を動かす大道具、グループ、一見どこらへんがスターウォーズかわからないネタ系など、かなりバリエーションに富んでいました。
ドイツでは身一つで参加、キャラクター再現率を重視した人が多く、さらには全体的にハイレベルでした。

特にパドメの皆さんが、みんなすごかった…。
出番まちの間に何人かとお話したのですが、なんか、みんな、気合いが違う…。
私と同じか、もっと年上にもみえる方がほとんどだったけど皆さん美しい!日々美について考えてらっしゃる女性の鏡のような人ばかり。真剣に、時間や愛情をかけて、衣装の出来・キャラクターの再現に情熱を傾けておられて。
アーマー系のコスプレイヤーさんも、(アーマー系のすごさにはアメリカでもびっくりの連続でしたが...)「それはコスプレなの?」とうっかり聞いてしまいそうなくらい映画やゲームの世界からそのまま出てきたような人がいっぱい!

特に印象深かったのは、お話をお聞きした数名の方がみんな、「1つの衣装を作るのに何年も時間をかけた」ということでした。私の衣装も今の状態になるまでに2年半かかっていますが、パドメコスの方のなかには、「映画公開直後からとりかかりだしたので10年以上かかったがやっと満足いく完成度になったので出場を決めた」という方も。つきなみな表現しかできないですが、、やはり世界はスゴイ。日本のコスプレ文化もすごいけど、日本では感じたことのない驚きと感動をいっぱいもらえて、良い刺激になりました!


コンテスト開催中は、日本の時とおなじく舞台裏待機でした。なので、自分の番が近づいてきたときに前の番の人の演技がどうにか見れるだけ。その他の参加者さんがどんなパフォーマンスをしているかはわからず、昨年のような事前の演技指導もなし。



自分の番の2つ前くらいでようやくステージが見えてきましたが、2階・3階席もあるような大きな会場のわりにステージがせまく、さらにはステージに置かれた飾りがやたらデカイことが判明! びっくりするほど動ける範囲が狭い。予定してた演技はできなさそう(旅の直前に師匠につきあってもらってまで練習した登場シーン用アクションが狭くてできませんでした。。残念!)だということに気づきちょっと焦りましたが、やれることを全部やるしかない。
昨年とほぼ同じネタですが、静と動(衣装をしっかり見てもらうことと、いっぱつ芸のセーバーアクション)でインパクト勝負に出ました。体の小ささ(キッズ参加者に身長で負けてました…)を大きな動きでカバー!



コンテスト本番の様子はテキストで長々レポするよりもこちらを見ていただくのが早いです^o^


Die Highlights der Star Wars Celebration: Von Cosplayern und Stars

今回は写真撮影を頼める友人はいなかったので、ショーのようすは後日ネットで写真が数枚見つかればいいほうかな〜と思ってたのですが、こちらの動画で紹介いただきました〜〜^o^
翌日、これを撮影されたというカメラマンの方に会い、「君のショーはすばらしかった、自分が撮った映像がどう編集されるかはわからないけど、君の映像を入れてくれと頼んでおくよ!」ととても嬉しいお言葉を頂きました!完成した動画には3度も登場(1:20〜, 8:17〜, 20:00〜)! しかも長く使っていただきました!
自分の姿が確認できるのもうれしいですが、他の参加者さんのパフォーマンスが映像で確認できてとても嬉しい^^ 毎回、観客による動画撮影は禁止なので、こういった取材や公式の映像にのらない限り映像に残ることはないのです…。なので永久保存動画です!



ハイレベルさに勝てる気がしませんでしたが、今回もジェダイ部門で2位をいただきました。今までいただいた中でいちばん凝っててかっこいいトロフィー!今回は無理だと思っていたのでとても嬉しかったです^^。
お隣は日本のお仲間、501stのミチコさん。日本の仲間は他にもいらしたのですが、皆さん行動パターンが違っていてなかなか会えず、これは貴重な1枚です♪

おそらく審査のウエイトは衣装の出来ばえにかかっていたと思いますが、アクションもいくらか効いてたんじゃないかな〜〜と思います^^ 映像を見ると派手に動いたのは私だけのようですし、演技中お客さんの歓声がウオー!!と地鳴りのように響くのもわかりました。さらにコンテスト後はとても大勢の方が声をかけてくださったので、印象に残るようなインパクトを出す、という目標は達成できたと思っています!
コンテスト終了後の日本は23時をまわっていたので宴会は終了していましたが、まだ働いてるであろうジェダイ寿司マスターokiさんにfacetimeで連絡。「やりました!!」と報告w(遅い時間に出ていただきありがとうございました〜)


starwarscelebrationeurope2 obi-wan and luke skywalker

出場順が近かったので待機時間中にお話する機会がたくさんあり、今回の旅でいちばん仲良くなれたダコバルークのMarkusさんと。
彼もジェダイ部門3位に入賞。雰囲気ばっちりの衣装はもちろん、ヨーダのフィギュアも手作りとのこと!体格や髪の色など素で持っておられる雰囲気がすでにルーク!

starwarscelebrationeurope2 obi-wan cosplay

ショーの後一度は別れてしまったのですがイベント終了まぎわに再会することができ、彼のお友達数名とともにイベント終了後8時すぎまで一緒にすごさせてもらいました^^
手作りのヨーダをお借りしましたよ〜。想像してたよりもずっと重かったです。これで1日すごすのは大変だったと思います。師匠を背負いながら修行を続けたルークの気持ちになれる...! 

Rancho Obi-Wan

一緒にランチョ・オビワンの展示に並んで見学。
見た事のない古い日本のSWグッズが沢山ならんでいました。さすがギネスコレクター!!

Markusさんたちは翌日はアニメ系の別のイベントに行くとのことだったので、連絡先をお聞きして別れました。
あっというまの、とっても楽しい1日でした!

starwarscelebrationeurope2_44.jpg
Vielen dank Markus, Kathy, und die wunderbare Freunde!!

とにかくスゴかった出場者の方々
posted by 芝浦 at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | STAR WARS CE2 (GERMANY)

2014年01月05日

STAR WARS CELEBRATION EUROPE2 に行ってきました! (5)

新年あけましておめでとうございます。
半年前のイベントの記事を今書くという事態。どうもブログって自分には向いてないんじゃないかとも思うのですが^^; 自分のペースなりに今年も頑張っていこうと思います〜。

7/28、Celebration Europe3日目最終日。
最終日はとくにこれ!という予定はありません。ゆっくり会場を回ります。



公式お土産ショップは初日の後半にしてすでにSOLD OUTの文字が目立っていましたが、フリーで置かれたカードゲームのサンプルカード入りの袋はあいかわらず沢山。一見ゴミ箱と間違えてしまう入れ物の中にどっさり入っていて、みんなが好きなだけ持って行く。私も袋めあてでいくつかもらっちゃいました。お土産をあとで小分けするのにいいかなと。



個人経営系のショップではディスカウントの札がつきだしました。初日に145ユーロだったFXセーバーが129ユーロに。その当時の日本円にすると18500円が16000円にまで下がっています。終了間際になったらもっと下がりそう...。



会場を歩いていると、昨日のコンテストを見た、という方が何人も声をかけてくださり、「アクションをもう一度見たいのでやってくれないか」というお声もいくつもいただきました。
...しかし、セーバーアクションは大勢が歩きまわる会場の中ではかなり危なく、特にお子さんが多いと怖いです。
1日目にはドイツのファン団体が屋外上映の開始前にセーバーアクションショーを行っていたので、そこまで特殊なものではないと思っていたのですが、「マーシャルアーツやってるの?」「日本のケンドー?」というお声もあったことから考えると、かなり珍しいものに見えているもよう。

最初は見たいという人とお会いするたび会場外に一緒に出てもらい、外の広い場所で短い演技を見ていただいていたのですが、予想外に声かけてくださる方が多かったので作戦変更。まとめて一度に見ていただくことにしよう!と、その後声をかけてくださる方には時間をお伝えして会場裏の公園に来ていただくことに。でないと自分が大変^^;

声をかけてくれた方は7〜8人だったはずなのですが、待ち合わせ場所に行くと30人くらいの方が!ご家族ご友人おさそいあわせのうえお越しいただいたようです。わああ。
普段のショーとちがい私ひとり。仲間も音楽も仕切りもなし。「シバウラです、日本からきました、きてくれてありがとう、あぶないから近寄らないで」...と、あまり話せない英語でどうにか伝えてショースタート。
...待ち合わせ時間を決めたおかげで、事前に何言うか考える時間が作れてよかったです...。

動画や写真を撮影してくれてた人が何人かおられましたが後日ネット上で探してみたものの見つからず...、この時の記録は残念ながらないのですが、ぶっつけ本番のワンマンショー、楽しかったです^^
これを師匠に話したら「今後はいつでもゲリラショーできるように音とスピーカーは持ち歩いたほうがいいな!」とのお言葉(練習、ショーなどの演技用に短く編集された音があるのです〜) 。次の機会からは、もうちょっとマシなものがお見せできるかも?!



この日も素敵なコスプレイヤーさんにお会いしました。



すべてハンドメイド!細かいビーズ刺繍も見せていただきました! 私もビーズ刺繍は得意分野ではあるのですが、オビワンのコスプレではそれを生かす機会がないので^^; 別のキャラクターもやってみようかな?と思う瞬間です。



ハイレベルな子供たち。子供のジェダイ衣装で肩部分の詰めをしっかり作ってるのははじめて見ました。ベルトも本格的!
アソーカちゃんの頭の作りもすごい。子供用はハロウィン向けの市販品も多種あるのですが、ここで見かけるのはハンドメイドの衣装ばかりでした。パパママの愛とファン魂を感じます。
お子さんも、着せられているのではなく、ちゃんとキャラクターになりきっているのが素敵でした。





ドイツや他ヨーロッパ諸国のお友達も増えました!写真はFacebookを通じ、日本の501stの方から紹介していただいたClausさん。他にもいろいろな方とお会いできました♪

501stなどの団体の方は名刺やパッチ(ワッペン)を持っているので、私も交換用に名刺と切り絵を作って持っていきました。
海外のイベントに参加してみてはじめて知ったのですが、パッチトレードは団体所属のSWファンの間ではかなり一般的なもののようです。団体に属していない方でも自分の名前の入ったものをお持ちだったりします。
私もパッチを作れば良いかもしれないのですが、パッチはデザインを自分で行ったとしても最終的には専門業者に頼むものです。今回の私は「てづくり作家」として、自分の手しかかかっていない切り絵を代用することにしました。もちろんパッチもあれば喜んでいただけそうなのでいずれ作ろうかなとは思いますが、手作り作品をトレードのメインアイテムにするのは今後の海外イベントでもやっていこうと考えています〜。



時間に余裕があったので、並ばないといけない撮影スポットにも行ってみたり。


そして、イベント終了まで残り1時間。



「クロージング・セレモニー」を見てきました。次回セレブレーションの開催地と期間の発表がある(と確実視されている)ので、直前に行ったところで入れないかも?(実際、昨年は長い行列ができていたらしいので..)と思いきや、あっさり入場。

twitterを見ると、すでに深夜の日本では次の開催地が気になって眠れない友人達が待機中。予想も飛び交っていました。
公式サイトにも実況コーナーがあったようですが、私の情報もそれなりに期待されている様子! 
こんなにスピードを求められたことが今まであっただろうか...
イベントの最後、「2015年4月、アメリカ・アナハイム」と発表され、それをtwitterに流す。公式サイトにちょっとだけ勝ったっぽいですww 多分数秒レベルの差ですがw

忙しくも楽しい3日間はこれにて終了!
いろいろな人に、STARWARSに、ありがとう!
次回セレブレーションも楽しみです!(忙しいであろう4月に長期間休めるかどうかが問題ですがw)
posted by 芝浦 at 02:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | STAR WARS CE2 (GERMANY)

2014年01月06日

CE2記録おまけ!

http://togetter.com/li/554137

twitterまとめ制作サイト「togetter」にて、2013年7月の「STARWARS CELEBRATION EUROPE2」の関連ツイートまとめを作成しました。
珍道中っぷりをぜひごらんください〜
   
   
posted by 芝浦 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | STAR WARS CE2 (GERMANY)